【インターネット回線速度の目安】無料測定方法やスピードテスト平均値

インターネットの回線速度は、通常最大値(1番速いときの理論値)で記載されています。
それは実際の速度ではないので、実際利用した際の目安にはなりません。

実際利用すると、インターネットの速度は回線の種類によって異なります。目安を超えていない場合は、改善する必要があるでしょう

では具体的に、回線速度の目安となる基準値をまとめてみました。

インターネット回線 通信速度の単位を知る

ここでは快適なインターネット速度を知るために、単位の見方についても解説しています。

簡単に無料測定できる方法もお伝えしていますので、インターネットが遅い・重いと感じる方はご活用下さい。

回線速度の単位】Mbpsとは

インターネットの速度には、主に「Mbps(メガビーピーエス)」という単位で示されます。

Mbps」(メガビーピーエス)とはは1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位です。
数値が大きいほど 、通信速度が速くなります

そしてインターネットの回線速度を測定するとき重要なポイントは、「上り通信速度」と「下り通信速度」で何Mbps出ているか、という部分です。

もう少し細かく単位を説明するとこちらの通り。
(覚えなくてOKです!参考まででどうぞ。)

bps
(ビーピーエス)
1秒間に送信できるデータ量を表す単位
Kbps
(キロビーピーエス
1bpsの1,000倍の速さ
Mbps
(メガビーピーエス)
1Kbpsの1,000倍の速さ
Gbps
(ギガビーピーエス)
1Mbpsの1,000倍の速さ

「上りの回線速度」「下りの回線速度」とは何のこと?

上りの回線速度」とは、データのアップロード時間を表す数値です。
上りの回線速度」は、メールの送信や動画投稿などの速さに関係しています

下りの回線速度」とは、データのダウンロード時間を表す数値です。
このスピードが速い(数値が大きい)ほど、動画視聴やSNSの読み込みが快適になります。

つまり、日常的に利用する場合、
インターネットの「上りの回線速度」よりも「下りの回線速度」の方が重要です。

上りの回線速度に影響するのは

  • メールの送信
  • SNSへの投稿
  • 画像・動画の投稿

下りの回線速度に影響するには、

  • メールの受信
  • SNSの読み込み
  • 画像・動画の読み込み
  • アプリなどのダウンロード

合わせてよく読まれている記事  通信速度重視の人へ|合わせて確認すべきこと

【回線速度の目安】快適なインターネットの速さとは?

ではここから、具体的にインターネットの回線速度の目安を知りましょう。
ネット検索やメールよりも、SNSや動画の再生、オンラインゲームなど、画像や映像の方がデータが重いことがわかります。

ネット上で検索1~10Mbps
メールやLINE128Kbps~1Mbps
InstagramなどのSNS 3Mbps~10Mbps
Youtubeなどの動画視聴3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム100Mbps以上

また、オンラインゲームについては「応答速度」を表す「Ping値」も重要になってきます。

合わせてよく読まれている記事 オンラインゲームするなら通信速度以外に大切なping値とは

【無料】簡単にスピード測定してみよう

Fast.com で無料でスピードテストができます。

サイトにアクセスすると、自動で測定される仕組みなっており、
最初に出てくる結果は「インターネットの下り速度」です。

また計測後に「詳細を表示」をクリックすると、上り速度とping値も確認できます。
ping値は、「レイテンシ」として記載されています。

レイテンシには、「アンロード済み」と「ロード済み」の2つの数値があります。

✅「アンロード済み」レイテンシ
  =自分だけがネットを利用した場合のping値
✅「ロード済み」レイテンシ
  =複数の人/デバイスで同時にインターネットを使った場合のping値