NURO光と光マッハの比較と評判・口コミ、解約条件

この記事では、最近よく耳にするNURO 光【光マッハ】について具体的に詳しく解説していきます。
現在契約を検討なさっている方は、疑問点を一緒にクリアにしていきましょう。

NURO光と光マッハの内容と比較について

NURO光と光マッハとは?

NURO 光とは、「ソニーネットワークコミュニケーションズが展開している光回線」です。
最大2Gbpsの高速通信で現在光回線の中で最速です。

【光マッハ】は、「下り2Gbpsの超高速光回線と無線LANがセットで、プロバイダ料金を含めて月額5,192円で利用できる光ファイバーインターネットサービス」です。

光マッハとは、このNURO光の回線を借り受けて提供することで独自のサービス料金設定をして提供している契約になります。

つまり、NURO光と光マッハは提供エリアや最大速度は全く同じです。

ではここから、具体的に光マッハとNURO光を比較していきましょう。

【共通点】光マッハとNURO光の比較

光マッハとNURO光のサービス内容はほとんど以下の通り変わりません。
提供エリア最大速度NURO光同じです。

光マッハとNURO光の共通点は以下の通りです。

 NURO 光 / 【光マッハ】
エリア関東・東海・関西
九州・北海道(札幌のみ)
通信速度有線接続時:最大2Gbps
無線接続時:最大1.3Gbps
セット割おうち割光セット
ソフトバンクスマホ毎月最大-1,100円
プロバイダSo-net
工事費44,000円

具体的にそれぞれの共通点の詳細について解説していきますね。

共通点1:光マッハとNURO光のエリアの比較

光マッハとNURO光はどちらも同じ提供エリアです。
2021年12月時点でエリア(2021年1月20日にエリア拡大済)は以下の通り。

関東エリア:東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
東海エリア:愛知 静岡 岐阜 三重
関西エリア:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良
中国エリア:広島 岡山
九州エリア:福岡 佐賀
北海道:札幌 小樽 千歳 恵庭 石狩 江別

Point 星
Point 星

NURO光は2013年4月15日から受付開始したサービスです。
当時から通信速度の速さで話題になり、エリアもどんどん拡大しています。
今後もエリアが増えていくはずです。

共通点2:光マッハとNURO光の通信速度

光マッハは、このNURO光の回線を借り受けて提供することで独自のサービス料金設定をしてお得に提供している契約になります。
つまり、最大速度もNURO光と変わりません。プロバイダもNURO光と同じSo-netです。

光マッハだからといって回線速度が落ちるということはなく、
光マッハもNURO光もどちらも、最大2Gbpsの高速通信を楽しめます。

共通点3:ONU(回線終端装置)の速度も同じ

ONU(回線終端装置)とは、「自宅などに引き込んだ光回線(壁に設置された光コンセント)とパソコンの間に設置して光回線とパソコンを接続し、光信号とデジタル信号間の変換を行う装置」のことです。

このONU(回線終端装置)は光回線を利用する際に必ず必要な装置です。

光マッハもNURO光は、どちらも同じONUを、5機種の中からランダムに設置されます。
設置される機器によって最大速度450Mbpsまたは最大速度1,300Mbpsとなります。
ONU一台で有線接続もWi-Fi接続も利用が可能なのも同じです。

共通点4:光マッハとNURO光はどちらもソフトバンクのスマホ割引あり

光マッハもNURO光、どちらもスマホ割引が適用できます。

おうち割光セットで-1,100円割引

おうち割光セットとは、「光マッハもしくはNURO光を契約すると、家族全員のソフトバンクスマホの料金が毎月最大-1,100円安くなる割引」です。

どちらの場合も、月額550円のNURO光電話オプションに加入する必要があります。

【比較】光マッハとNURO光の契約内容や料金の違い

ここまで、ほぼ光マッハとNURO光の共通点をお伝えしてきました。
では、違いは何なのでしょうか?

わかりやすく具体的な詳細ポイントを絞って解説していきます。

  • 比較1:光マッハとNURO光の費用について:初期費用・月額料金について
  • 比較2:光マッハとNURO光のキャッシュバックなどのキャンペーン条件
  • 比較3:光マッハとNURO光の解約について
Point 星
Point 星

内容を見て「自分にとってどちらの方がメリットが大きいか」で契約しましょう。

比較1:費用について:初期費用・月額料金について

まず最初に、1番気になる費用について確認していきましょう。

NURO 光初期費用と月額料金


NURO 光 G2DNURO 光 G2T
月額料金5,700円5,200円
基本工事費44,000円
実質無料
割賦代金相当を割引
44,000円
実質無料
割賦代金相当を割引
契約事務手数料3,300円3,300円
契約期間2年間
(自動更新あり)
3年間
(自動更新あり)
契約解除料10,450円10,450円
撤去工事費11,000円11,000円
セキュリティソフト込み
無し
(別途:550円/月)

※基本工事費実質無料について
G2Dの場合:基本工事費(44,000円)は開通2ヶ月目から25ヶ月目まで24回の分割
・G2Tの場合:基本工事費(44,000円)は開通2ヶ月目から37ヶ月目まで36回の分割

光マッハ初期費用と月額料金


光マッハプラン光マッハプラン光マッハプラス光マッハプラス
月額料金5,192円5,192円5,478円5,478円
基本工事費44,000円
実質無料
割賦代金相当を割引
44,000円44,000円
実質無料
割賦代金相当を割引
44,000円
契約事務手数料3,300円3,300円3,300円3,300円
契約期間2年間
(自動更新あり)
無し3年間
(自動更新なし)
無し
契約解除料33,000円無し33,000円無し
撤去工事費11,000円11,000円22,000円22,000円
セキュリティソフト無し
(別途:550円/月)
無し
(別途:550円/月)
込み
(カスペルスキー)
込み
(カスペルスキー)

基本工事費実質無料でNURO光の方が初期費用はお得


NURO 光 G2DNURO 光 G2T光マッハプラン光マッハプラス
基本工事費44,000円
実質無料
割賦代金相当を割引
44,000円
実質無料
割賦代金相当を割引
44,000円
実質無料
割賦代金相当を割引
44,000円
実質無料
割賦代金相当を割引
契約事務手数料3,300円3,300円3,300円3,300円
契約期間2年間
(自動更新あり)
3年間
(自動更新あり)
2年間
(自動更新あり)
3年間
(自動更新なし)

それぞれ比較確認していくと、
初期費用割引NURO光と光マッハは同じ基本工事費の実質割引が適用されお得です。

  • G2Dの場合:基本工事費(44,000円)は開通2ヶ月目から25ヶ月目まで24回の分割
  • G2Tの場合:基本工事費(44,000円)は開通2ヶ月目から37ヶ月目まで36回の分割

具体的にそれぞれの契約期間内の毎月割引が適用され、基本工事費は実質無料となります。

G2Dの場合:2ヶ月目は 1,841円割引3~37ヶ月目から 1,833円割引
G2Tの場合:2ヶ月目は -1,230円割引、3~37ヶ月目から1,222円割引

月額料金はマッハ光の方が安い

2年契約の場合は、マッハ光の方が月額料金が安くなります。
長期利用を検討している場合は、NURO光の方がお得と言えるでしょう。


NURO 光 G2DNURO 光 G2T光マッハプラン光マッハプラス
月額料金5,700円5,200円5,192円5,478円
契約期間2年間
(自動更新あり)
3年間
(自動更新あり)
2年間
(自動更新あり)
3年間
(自動更新なし)

比較2:光マッハとNURO光のキャッシュバックなどのキャンペーン条件

ここからは、インターネット回線の契約で1番気になるキャンペーン内容についてです。

キャンペーンの条件も含め比較をすると、NURO光の方がお得に契約できると言えます。

 【光マッハ】NURO 光
キャンペーン条件2年 / 3年2年 / 3年
キャンペーンキャッシュバック45,000円
工事費実質無料
キャッシュバック45,000円
工事費実質無料
キャンペーン条件指定オプションの追加必須オプション申込不要
キャッシュバック方法開通6ヵ月後
受け取り申請メールが手続き
開通6ヵ月後
受け取り申請メールが手続き
その他なし設定サポートサービスが無料

光マッハのキャッシュバック適応条件として、
以下の指定オプションが必要となります。(2021年12月23日時点)

光マッハのキャッシュバック条件

・NURO光でんわ 月額550円(関東エリア)/月額330円(近畿・東海・九州エリア) 
・キキホショプラス   月額550円  
・らくらくバックアップ 月額550円
・いつでもかけつけ365 月額550円
・つながるWi-Fi     月額1,078円  
・ベーシックパック   月額660円

  • 月額3,938円(関東エリア)
  • 月額3,718円(近畿・東海・九州エリア)

オプションだけでこれだけの追加料金は少し大きいです。
マッハ光を契約選択する場合、あなたにとってこのオプションが必要かどうか判断すべきです。

また、キャッシュバックキャンペーンの手続き手順も、開通6ヵ月後に届く受け取り申請メールで手続きする流れは同じです。

比較3:光マッハとNURO光の解約について

実際に契約解除料と撤去工事費を比較すると、総額で2年、3年どちらもNURO光の方が安いです。
長期で利用したい場合は特に、NURO光の方がおすすめです。


NURO 光 G2DNURO 光 G2T光マッハプラン
(2年自動更新)
光マッハプラス
(3年自動)
契約期間2年間
(自動更新あり)
3年間
(自動更新あり)
2年間
(自動更新あり)
3年間
(自動更新なし)
契約解除料10,450円10,450円33,000円33,000円
撤去工事費11,000円11,000円11,000円22,000円

NURO光と光マッハの口コミ

では、具体的にNURO光と光マッハの口コミについて共有していきます。

まずは、NURO光から↓

NURO光の通信速度が爆速だという口コミが多いですね。
さすが、独自配線をしているだけあり、インターネットの通信速度と安定性は強いです。

続いて、光マッハの口コミはこちら↓

光マッハも同じNURO光の独自回線なので、通信速度は速く全く問題ないですね。
口コミでもあるように、「料金は高めでも、開通工事までが早い」というメリットを優先したい方は、光マッハで契約も検討する価値がありそうです。

【まとめ】NURO光と光マッハの比較結果

総合的に考慮してみて、NURO光がおすすめです。

最後に簡単に、NURO光と光マッハの比較結果をまとめました。

NURO光と光マッハの比較結果
  • 光マッハはNURO光回線を使用しているため、
    対象エリア高速通信接続機器ソフトバンクのスマホ割引が同じ
  • 45,000円キャッシュバック条件はNURO光の方が良い
    (光マッハは4,000円相当のオプション6つの追加が必要。NURO光はオプション不要。)
  • NURO光は設定サポートサービスが無料
  • 契約解約料はNURO光の方かなり安い
  • 光マッハの方が開通工事が早い可能性あり