【仕組み】モデムとルーター・ONUの違いと役割

光回線やADSL、ケーブルテレビなどのインターネット回線を申し込み契約すると、必ずモデムやONU、またルーターと呼ばれる機器を使って接続をします。

この機器たち。それぞれどんな役割があるのかご存じですか?

ここではモデム・ルーター・ONUの役割や仕組みをわかりやすく解説していきます。

モデムとは?

モデムとは、「デジタル信号とアナログ信号を相互変換するための装置」です。
パソコンはデジタル信号に対し、電話回線はアナログ信号なのです。モデムを接続することにより、「電話回線に流れているアナログ形式データ」と「パソコンを経由しLANケーブルに流れているデジタル形式のデータ」をモデムを介することでデータのやり取りができるよう変換しています。

このような電気信号には、変調や復調といった電気技術用語が用いられます。

・変調とは、データを伝送する際に最適な電気信号に変換すること
・復調とは、変調信号が伝送されてきたとき、それからもとの信号波を復元すること

マンションタイプではモデムを使うケースが多い

モデムを使うインターネット回線で多いのは、光回線のマンションタイプで使われるVDSLモデムと、ADSL回線で使われるADSLモデムです。

光回線のマンションタイプにはVDSLという方式は、外から集合住宅の共用スペースまでを光ファイバーケーブルが引き込み、そこから各部屋までは電話回線を使い配線します。

各部屋の利用者は、部屋の中の電話線の差し込み口(モジュラージャック)とモデムを有線接続します。この状態のまま、モデムにはLANケーブルを繋ぐ差し込み口もあるので、今度は、モデムと「利用したいパソコンやルーター」をLANケーブルで接続すれば、インターネット回線がつながる仕組みです。

モデムは、デジタル信号とアナログ信号を相互変換するために必要な装置です。
そのため、モデムはインターネット回線を契約した際にレンタルで提供される事が多く、小さなBOXタイプのものが主流です。

おすすめ記事 【解説】光回線とは?仕組みや契約数、利用状況

ONUとは?モデムとの違いについて

モデムは「デジタル信号とアナログ信号を相互変換するための装置」でした。
光回線の場合は、「デジタル信号と光信号を相互変換する役割」をONU(Optical Netowork Unit : 光回線終端装置)という装置が同じ役割をしています。

✔︎ モデム=デジタル信号とアナログ信号を相互変換するための装置
✔︎ ONU =デジタル信号と光信号を相互変換するための装置

ルーターとは?

では、よく一緒に耳にすることの多い「ルーター」とはなんでしょうか。

ルーターとは、「複数の端末を同時にインターネットに接続させるための装置」です。

「信号変換装置」であるモデムとONUは、直接LANケーブルでパソコンを1台のみ繋ぐことが可能ですが、複数端末を同時に接続ができません。そのため、ルーターを接続することで、同時に複数台のデバイスを利用できるようになります。

今やパソコンを複数台持っている人も珍しくありません。
ゲーム機やテレビ、プロジェクターなど、インターネットに接続し利用するデバイスも多く溢れています。また、Wi-Fiを使ってスマホやタブレットなどをインターネットに接続し利用することは当たり前の時代なため、ルーターはとても大きな役割を担っています。

参考記事 【解説】光コラボは他の光回線と比べて遅い?理由や改善方法

最も重要なルーターの仕組みと役割

ルーターは、「複数の端末を同時にインターネットに接続ができる装置」である、と先ほど説明しました。何故そのような事ができるかというと、ルーターには、異なるIPネットワーク同士が通信できるようにする機能を備えているためです。

IPネットワークというのは、「インターネットプロトコル:Internet Protocol」という通信ルールに従って、データの送受信を行うコンピュータネットワークのひとつ。IPネットワーク上のサーバーやネットワーク機器にはIPアドレスという「インターネット上の住所」が数値化されて振り分けれており、これを活用し通信を行なっています。

ルーターには、WANやInternetと書かれている挿し口とLANと書かれている4つほどの挿し口(ポート:Port)に分かれています。

LAN(ラン)とは
LANとは、Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)の略。同じ建物の中などの限定された範囲で接続できるネットワークのことを指します。LANにはインターネット回線契約者が許可したパソコンやインターネット接続機器しか接続できません。

WAN(ワン)とは
WANとは、Wide Area Network(ワイドエリアネットワーク)の略。離れた場所とつながったネットワークで、だれもが自由に接続できるネットワークのことを指します。 WANはLANとLANを繋いだ大きなネットワークだとイメージするとわかりやすいでしょう。

WANは契約したプロバイダーから割り振られるIPアドレス、LANはルーターが割り振るIPアドレスとなりアドレス自体が異なります。しかし、ルーターのルーティング機能により「通信経路の選択や制御」を行なってくれるため、それぞれ通信が可能なのです。

参考記事 インターネット回線 通信速度重視の人へ。合わせて確認すべき事。

ハブ(Hub)とは?

複数台の端末を繋げるたいと考えたことのある人は、ハブという言葉を聞いた事があるかもしれません。ハブとは、「有線LANを構成するための集線装置」で、簡単に言い換えると「LAN配線を分岐して増やす事ができる装置のこと」です。一般的に使用されているハブの種類は「スイッチングハブ」と呼ばれています。

しかし、ハブはルーターのような複数端末を繋いで同時にインターネット接続を可能にする機能はありません。あくまで「接続できる数を増やすだけ」の機能です。

つまり、ハブ単体では利用できず、モデムやONUにハブを繋いでも機能しません。必ず、ルーターにハブを繋ぐ必要があります。

通常のルーターには通常4口(ポート:Port)があるため、よほど多くデバイスを有線接続する必要がない限り不要です。

よく見られているおすすめの光回線

具体的に、おすすめ光回線の契約を紹介していきます。
この中からお好きなものを選んでおけば間違いありません。

通信速度重視なら「NURO光」

  • NURO光回線網を利用したOEMのサービス
  • キャッシュバック45,000円 
  • 「オプション加入」は一切不要
  • 工事費が実質無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割光セット」
  NURO 光 G2D NURO 光 G2T
月額料金 5,700円
2年間ずっと3,590円
5,200円
1年間実質980円 
基本工事費 44,000円
工事費実質無料

44,000円
工事費実質無料

契約事務手数料 3,300円 3,300円
契約期間 2年間
(自動更新あり)
3年間
(自動更新あり)
契約解除料 10,450円 10,450円
撤去工事費 11,000円 11,000円
セキュリティソフト 込み 無し
(別途:550円/月)

ただし、NURO光は2021年12月時点でエリア(同年1/20にエリア拡大済)は以下の通りです。
対象エリアの人は間違いなく1番おすすめです。

関東エリア:東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
東海エリア:愛知 静岡 岐阜 三重
関西エリア:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良
中国エリア:広島 岡山
九州エリア:福岡 佐賀
北海道:札幌 小樽 千歳 恵庭 石狩 江別


\今なら45,000円キャッシュバック+2つのキャンペーン!/

通信速度と安さ重視なら「ASAHIネット」

  • ASAHIネットは外部調査機関による顧客満足度調査で、通算22回「顧客満足度 第一位」受賞
  • 「オプション加入」は一切不要
  • キャッシュバック 19,800円
    振込時期が「最短3ヶ月後」と非常に早い
    簡単手続き:キャッシュバックの案内メールが届いたら口座情報を入力のみ。
  • 続ければ続けるほど割引増額!「かんしゃ割」で会員歴に応じた割引がず〜っと続きます。  
    (3年目100円割引 / 4年目200円割引 / 5年目以降300円割引)
  • 契約期間1年自動更新無し 
  • 1年以上利用すれば、解約違約金なし
  • 高速通信IPv6接続(IPoE方式)対応
  • サポートが充実:接続設定でお困りの際はお電話にて365日10時〜17時対応可能
    (カスタマーサポート、英語サポートもあり安心。)
  戸建てタイプ マンションタイプ
回線速度 1Gbps
月額料金

5,698円 5,060円
25カ月間580円引
3年目以降は100円ずつ追加で割引

4,488円 4,070円
25カ月間380円引
3年目以降は100円ずつ追加で割引

事務手数料 新規 880円 
転用 2,200円 スタートキャンペーン割引で無料
工事費 19,800円
キャンペーンで実質無料
契約期間 12ヶ月間
解約金 1年以上利用すれば、
解約違約金0自動更新なし
撤去費用
提供エリア 全国

\今だけ、最新型IPv6Wi-Fiルーター無料プレゼント!/

auスマホ割と快適さ重視なら「auひかり」

  • ソニーグループのインターネットプロバイダー So-net(ソネット)
  • KDDI独自の回線で通信速度が速い
  • 「オプション追加」が不要
  • 今ならキャッシュバック最大61,000円!
  • 社会で活躍する男性30-50歳世代に人気
  • auスマホをお持ちなら家族全員分のスマホの月額料金が割引になる 「auスマートバリュー」対象(最大2年間、家族全員分のスマホ料金が毎月最大2000円ずつ割引に)
  戸建てタイプ マンションタイプ
回線速度 1Gbps
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
3,740~
5,500円
(設備による)
事務手数料 3,300円
工事費 41,250円
キャンペーンで実質無料
33,000円
キャンペーンで実質無料
契約期間 36ヶ月間 24ヶ月間
解約金 16,500円 7,700円
撤去費用 31,680円
提供エリア 東海・長野・関西を除く全国 全国

\今なら最大61,000円キャッシュバック!/